toggle
2020-06-14

ブログ記事タイトルを変更した場合の影響は?【なるべくするな!】

こんにちは!アキラです。

avatar

悩む人A

ブログ記事タイトルって変更していいの?

avatar

悩む人B

ブログ記事タイトルを変更したらどうすれば良いんだろう?

 

上記の悩みを持っている人は本記事を読むことで解決できます。

 

ブログタイトルは非常に奥が深く、全て理解するのに時間はかかる人が多いです。

そもそもブログ記事タイトルを意味もなく変更する人も多いようですし。

今回の記事ではブログ記事タイトルを変更した場合の影響について解説していきたいと思います。

「変更していいの?」「変更したらデメリットある?」と悩んでいる人の参考になるでしょう。

 

【記事の内容】

・ブログ記事タイトルを変更した場合の影響は?

 

【記事の信頼性】

実際に僕はブログ運営歴5年で毎月30万円以上の利益を上げているので

ブログタイトルに関する知識はかなり自信があります。

その5年間で培った『ブログタイトルを変更していいのか?』を体験談込みで解説するので、

そこそこ参考になるかなと。

 

ブログ記事タイトルを変更した場合の影響は?

【結論】ブログ記事タイトルは変更してはいけない。

 

ブログ記事タイトルの重要性

ブログ記事タイトルは非常に重要な役割を担っています。

簡単に言うと、タイトルはアクセスを集めるための

一番大きな入り口部分となっているので

Googleとしてもかなり重要視しています。

 

そのため、タイトルについての理解が

薄すぎるとアクセスを集めることができなくなるし

最悪、ブログの評価もガタ落ちしてしまう場合もありますので、

しっかりと、良い悪いを理解できるようになりましょう。

 

 

ブログ記事タイトルを変更した場合の影響

ブログ記事タイトルは変更しない方が良いです。

ブログタイトルを変更した場合、

以下のような影響がある可能性があります。

 

検索順位が下がる可能性がある

ブログ記事タイトルを変更した場合、

検索順位が下がる可能性が高いです。

 

というのも、例えば、

【ブログ記事タイトルを変更した場合の影響は?【なるべくするな!】】

というタイトルで記事を投稿したとすると、

『このタイトルの形』と『この記事の中身』を結びつけて

Googleの検索結果に表示してくれます。

 

この場合の狙っている検索キーワードは

『タイトル 変更 影響』

なので、それに沿った記事構成となっています。

 

しかし、「あ〜アクセス集まらないしタイトル間変更しよ〜」って

【ブログ記事タイトルの付け方解説!【・・・】】

といったタイトルに変更した場合、

狙う検索キーワードが『ブログ タイトル 付け方』に変わっているため

記事の内容と検索意図が噛み合っていません。

 

そういった意味でも

検索順位が下がってしまうという可能性が高くなるのです。

 

上記も含めて普通にタイトルを変更すると

SEOのアルゴリズム的にマイナスだよってことです。

 

検索順位が上がるわけではない

タイトルを変更することで検索順位が上がるかも!と考えている人は甘いです。

上記でも解説した通り、検索順位は上がらないどころから

下がってしまう可能性の方が高いのです。

 

これはSEOのアルゴリズム的な問題なので、

詳しいことは分かりません。

しかし、実際に僕もタイトルを変更したことがあるのですが、

それで検索順位が上がったことは一度もないので、

意味もなくタイトル変更はしない方が良いですね。

 

ブログ記事タイトルを変更した方が良い例

【結論】特に内容とタイトルの関連性が薄い場合は変更しても良いです。

 

タイトルは変更して良い場合もある

ブログ記事タイトルは変更した方が良い時もあります。

それが以下のパターンの時ですね。

※変更しなくても良いように作ることが一番大事です。

 

内容とタイトルの関連性が薄い

ブログ初心者にありがちなことなんですが、

内容とタイトルの関連性が薄い場合、

ブログタイトルを変えるのはOKです。

 

例えば、

【ブログ記事タイトルを変更した場合の影響は?】

というタイトルにしたのに、

記事構成がブログ記事タイトルの基本的な知識だけを

網羅した内容しか書いていないのであれば、

検索意図と記事構成があっていませんよね。

 

この場合は、記事構成に寄せる形で

タイトルを変更するのは一応はOKと考えても良いかなと。

 

検索順位が低いとき

あまりオススメできませんが、

検索順位が低い時もタイトルの変更をしても良いです。

 

もちろん、タイトルを変更する場合は、

検索意図に沿った記事構成で作る必要があるし、

タイトル変更前よりクオリティの高い記事を作るのが大前提ですので、

「新しくもう1記事書く!」という気持ちで記事をリライトすると良いです。

 

クリック率が低いとき

検索順位が上にあるときでもクリック率が低い場合も

タイトルを変更してもOKです。

その場合、狙っているキーワードの変更はNGです。

 

【ブログ記事タイトルを変更した場合の影響は?【なるべくするな!】】

というタイトルで「ブログタイトル 変更 影響」の組み合わせが検索順位2位を獲得した場合。

×【ブログ記事タイトルを変更するリスクは?【なるべくするな!】】

○【ブログ記事タイトルを変更した場合の影響は?【3パターンある!】】

 

タイトル変更した場合にやること

タイトルを変更した老婆にやることは以下の通りです

 

検索意図に沿った記事を書く

先ほどもお話しした通り、

タイトルを変更した場合はそのタイトルに使った

検索キーワードの組み合わせに沿った記事に修正しましょう。

 

これやらないと普通にSEO的にマイナスにしかなりません。

 

再度インデックス申請

『GoogleSearchConsole』を利用している場合は、

こちらに再度インデックス申請をしましょう。

 

タイトルが変わってしまったから

一瞬インデックスから外されている場合もあるので、

再度申請が必要になります。

 

ブログ記事のリライトをしよう

検索意図に沿ったブログ記事にリライトするわけですが、

リライトによる効果なども知っておくと良いです。

 

リライトの効果は以下の記事でまとめているので参考にしてください。

ブログ記事のリライトの効果や基準を解説します!【改善は命です】

 

ブログで稼ぎたい人へ

「絶対にブログを活用したビジネスで成功したい!」

「自分を発信できる力を身につけて稼ぎたい!」という方は、

僕のメルマガに登録していただけると、

そのための戦略やノウハウをPDFにまとめた資料をプレゼントいたします。

 

>>アキラのメルマガに登録<<

 

僕自身もメルマガ内でお話ししている方法で、

18歳の頃からブログビジネスを副業で始めて、

今では脱サラし年間1000万円ほどの売り上げを出せるペースで稼ぐことができています。

 

他では聞けない情報がてんこ盛りだし、

ブログビジネスにおいて欠かせない情報を発信していく予定でもあるので、

ぜひ参考にしてくださいね!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です